インテリア デザインをビジュアル化

業界最先端のツールが、インテリア デザインをリアルにビジュアル化します。

ビデオ提供:Binyan Studios 社

3ds Max を選択する理由

画像提供:Binyan Studios 社

より高品質のイメージを作成

クライアントは、インテリア デザインのアイデアを細部までビジュアルで把握できます。3ds Max の高度なツールにより、写真のようにリアルな最高品質のレンダリングを実現する、他にはない機能を利用できます。

画像提供:Binyan Studios 社

作業をスピードアップして納期を守る

作業の自動化により、3D コンテンツを迅速に作成できます。設計の代替案を用意したり、クライアントからの変更にすばやく対応したり、コンセプトを自由にテストして、それらがうまくいくかどうかを事前に確認できます。

画像提供:Binyan Studios 社

インタラクティブなレンダリングで、さらに多くの契約を獲得

組み込まれている Arnold レンダラーにより、高度にインタラクティブな操作性が実現。すばやく作業して反復しながら、プレビューをレンダリングできます。

インテリア デザインとレンダリング カタログ

業界トップのツールで、クライアントのイメージをリアルに表現
詳しく見る
画像提供:Bashar Swileh 氏

「3ds Max には必要なものがすべて揃っています。柔軟性が高く、サポート基盤があり、モデリングからレンダリング プロセスまであらゆる作業を手助けしてくれます」

Fat Tony Studio 社、Stefan Lopusny 氏

床から天井までのカスタム リノベーションを設計するときも、生地や家具に最後の仕上げを施すときも、3ds Max なら、自分(そしてクライアント)が思い描いたイメージを細部に至るまで表現できます。アイデアを検討して細かく調整し、伝えることで、デザインして作成した空間での生活をクライアントがビジュアル化できます。

 

3ds Max のプロレベルの強力な機能で、競争力を高め、提案したデザインをビジュアルで伝えて、リアルな要素と細部にこだわって美しくストーリーを表現できます。

次へ
画像提供:Gaurav Kumar 氏

3ds Max を選ぶ理由

高度にインタラクティブなモデリング

3ds Max なら、豊富で柔軟性の高いツールセットを利用して、建築設計を精巧にモデリングし、芸術的要素を完全にコントロールして、技術図面からビジュアルなストーリーを生み出すことができます。

次へ
画像提供:Ziad Balakosy 氏

3ds Max を選ぶ理由

高度にインタラクティブなモデリング
3ds Max なら、豊富で柔軟性の高いツールセットを利用して、建築設計を精巧にモデリングし、芸術的要素を完全にコントロールして、技術図面からビジュアルなストーリーを生み出すことができます。
画像提供:Ziad Balakosy 氏
画像提供:Binyan Studios 社

主な特典

クライアントにビジョンを提案する際に、周囲の環境からオブジェクト、装飾までを詳細にビジュアル化できます。設計の意図や魅力を明確に伝えることができ、さらなるアイデアが生まれやすくなります。

高度にインタラクティブなモデリング

3ds Max の高度なツールにより、写真のようにリアルな最高品質のレンダリングを実現する、他にはない機能を利用できます。ビジュアルを通してデザインのストーリーを伝えて、クライアントの将来の投資をイメージできる最上級の体験を生み出せます。

細部までの精巧な作り込み

業界トップのライティング、カラー設定、テクスチャ機能を備えた 3ds Max を使用して、陽光、水、植物、ガラス、生地の糸の方向まで、精巧に再現できます。

スケジュール通りにプロジェクトを完了する

時間のかかるモデリングや反復作業を削減できるオールインワンのパッケージで、顧客と一緒にリアルタイムで変更を加えたり、モデルからすぐに独自のデザインを作成できる基本的なシェイプやテンプレートを作成できます。

ビジョンを伝える

設計プロセスの早い段階で作品を同僚やクライアントにプレゼンテーションすることも可能です。3ds Max なら、基本的な設計意図から作成イメージの完全な形まで伝えることができます。

独自のスタイルを表現する

3ds Max は、デザインのアイデアを形にして、顧客の心を動かすために必要なクリエイティブ ツールとして機能します。イメージをリアルに表現して、ハイエンドなポートフォリオを作成し、キャリアアップを図りましょう。

次へ
画像提供:Ziad Balakosy 氏

必要なツール

強力なモデリング
3ds Max は、強力なモデリング ツールセットを備えた堅牢なプラットフォームを提供します。業界最高のプロシージャル モデリングで、難しい作業でも簡単に対応できます。
次へ

必要なツール

強力なモデリング

3ds Max は、強力なモデリング ツールセットを備えた堅牢なプラットフォームを提供します。業界最高のプロシージャル モデリングで、難しい作業でも簡単に対応できます。

画像提供:Ziad Balakosy 氏

主な機能

3ds Max はインテリア デザイン向けの機能を提供しています。

Revit 読み込み機能

Revit® のビルディング インフォメーション モデル(ジオメトリ、照明、マテリアル、カメラなど)を迅速かつ正確に 3ds Max に読み込むことができます。

AutoCAD 読み込み機能

AutoCAD ファイルを 3ds Max に読み込んで一般的な構造を作成した後、さまざまなモデルを加えることができます。

物理ベースのライティング

太陽、空、その他の人工的な光源をシミュレートし、光と影の作用をデザイン上で正確に再現します。

配置ツール

サーフェス、家具、装飾モデルなどのオブジェクトをすばやく入力、移動、配置します。直観的な自動ペアレント化や位置合わせ動作によって、シーン内の任意の場所でコンテンツを簡単に配置および回転できます。

次へ
画像提供:Yurii Zabuzhko 氏
画像提供:Gustavo Coutinho 氏
インタラクティブ レンダリング

インタラクティブ レンダリングにより、作業中に、最終的なレンダリング結果に近いクオリティで表示されるシーンをウィンドウで確認しながら変更を加えることができます。

広範なマテリアルの編集機能

透明なガラスや大理石など、あらゆるマテリアルの仕上げを作成し、お気に入りのマテリアル、カラー、テクスチャのカスタム ライブラリを構築し、そのすべてをチームや会社で共有できます。

流体とアニメーション

3ds Max で直接リアルな流体を作成し、噴水、キッチンの設備、天候、プールなどのエフェクトを追加できます。

シームレスな VR/AR ワークフロー

FBX 書き出しプラグインを使用すると、3ds Max と Unity の間でワンタッチで往復するシーン作成が可能になります。Unity で 3D アセットに変更を加えると、これが 3ds Max に自動で反映されるため、繰り返しの作業が迅速になり、生産性の向上と作業時間の短縮が実現します。

次へ
画像提供:Yurii Zabuzhko 氏

3ds Max は、デザイナー向けの強力な 3D 機能を搭載したプロフェッショナル ツールです。3ds Max の多彩な機能をご覧ください。

技術サポート

サポート スペシャリスト、リモート アシスタンス、オンライン リソースの利用が可能

常に最新のソフトウェア

いつでも更新プログラムを入手して、最新の機能を利用し、パフォーマンスを向上させることが可能

柔軟に選べるサブスクリプション プラン

1 ヵ月から複数年まで、3ds Max を必要な期間だけ利用可能

See plans

プランと価格設定

お客様とチームに最適なプランを柔軟にお選びいただけます

強力な 3D モデリング、アニメーション、レンダリングを実現するデザイン ビジュアライゼーション ソフトウェア
1 年

¥272,800

(1 ヵ月あたりわずか¥22,734)
公式オンライン ストア
1 年

¥272,800

(1 ヵ月あたりわずか¥22,734)
公式オンライン ストア
3 年

¥737,000

(1 ヵ月あたりわずか¥20,473)
公式オンライン ストア
3 年

¥737,000

(1 ヵ月あたりわずか¥20,473)
公式オンライン ストア

3ds Max のお客様の声をご紹介します

デザイン ビジュアライゼーションの未来

「30 年以上オートデスク ソフトウェアを使ってきたので、大規模な建築ビジュアライゼーション プロジェクトで他のソフトウェアを使うことは考えられません」

–Urbân 社、オーナー/Nigel Hunt 氏

事例を読む

3ds Max のお客様の声をご紹介します

クリエイティブを追求し続ける

「3ds Max が主力の 3D ツールです。必要とするほぼすべての形式に対応できるファイル形式の柔軟性に助けられています」

– Neoscape 社、社長兼研究開発部門 RadLab 担当ディレクター/Carlos Cristerna 氏

事例を読む

3ds Max のお客様の声をご紹介します

練習によって完璧になる

「高度なプラグインのサポートと使いやすさのおかげで、ユーザーに大きなメリットをもたらしてくれます」

– M.Serhat Sezgin 氏

事例を読む